賭け方の種類  アンチマーチンゲール法といってもいろいろ

ハイローオーストラリアは休みで2~3日使えない。

 

賭け方について考えてみた。

まあ、何を書いたところで、全部負けるわけだが。

 

ここ1年基本にしてきたのは、アンチマーチンゲール法だった。

例えば、4万円を1回1000円で40回にわける。

最初の1000円が勝ったら、勝った分を全額次に充てる。

 

ペイアウト2倍の場合

1000円→2000円→4000円→8000円

爆発的に増えるが、必ず負けるので、途中でゼロになって発狂する。

 

リスクは大きいが、これくらいできないと実際には儲からない。

 

 

そこで、1回は1000円で例えば10回まではそれを守る。

 

1000円→2000円 

1000円→2000円

1000円→負けで0円

1000円→負けで0円

1000円→2000円・・・ など

 

こっちの方が、一度にゼロにはならない分、精神的にはましかもしれない。

例えば10セットやって、その後、1回の掛け率を1000円→1200円に

上げる・・・といった方法もある。

ただ、これはこれで10連敗とかしたら発狂する。

 

結局、

どっちでも発狂するんだよ。

ばかばかしい。